黒壁スクエア

黒壁スクエア

長浜市にある、黒漆喰の壁がなんともレトロな雰囲気を醸しだす“黒壁ガラス館”を中心とした、古い町並みの中にガラスショップや工房、カフェやレストランなどが集まる一角を“黒壁スクエア”と呼びます。伝統やアートを見るだけではなく、体験もできるのでデートにオススメなのです。 中心となっているのが“黒壁ガラス館”ということもあり、このエリアでのお目当てはガラスです。ガラス製品を扱っているお店が多数あり、その種類もアクセサリー、置物、コップなど様々で、芸術的で美しいガラス製品に心奪われます。そのお店の隣には工房が併設されているケースも多く、熱い窯で熱したガラスを加工していく職人さんの技術に目が離せなくなること間違いなしです。 そして更なる魅力は、体験ができるということ。ガラス関連のものだけでも、吹きガラス、トンボ玉、ジェルキャンドル、ステンドグラス、サンドブラスト、フュージング、バーナーワーク、ハンドグラヴィールと実に種類が豊富です。個人的には熱したガラスに長い筒から空気を入れて膨らませてグラスを作る“吹きガラス”がオススメです。大きな窯があるところでしかできませんから、どこででもできる体験ではありませんし、工房で職人さんがやっているのを見ていたらやっぱりチャレンジしてみたくなってしまうものです。しかし珍しい体験なので予約を事前に取っておく方がいいと思います。 このエリアだけでも楽しめる要素が他にもたくさんあるので、ついでではなく一日を使って楽しんでもらいたい場所です。